ウォーターサーバーの毎月の平均コスト

RO水のウォーターサーバー 月額¥4,200-

ウォーターサーバーは意外に高い?!

ウォーターサーバーってとても便利ですが、気になるのが月の費用。

 

最近は格安のウォーターサーバーも増えてきましたが、それでも毎月お金を支払う必要があります。

 

かかる費用は、単純に水代だけではありません。

 

  1. 月々のボトル代
  2. 水の宅配料金
  3. サーバーレンタル代
  4. サーバー電気代
  5. サーバーメンテナンス代

 

等の費用が掛かってしまうんです。

 

水のボトル代金は使用量によって異なりますが、月のノルマがあり決められたボトル数を買わなければいけない場合もあるでしょう。

 

水の宅配料やレンタル代が不要の場合もありますが、その分ボトル代が高い場合もあります。

 

そして、見落としがちなのが電気代です。

 

ウォーターサーバーを動かすのには電気代がかかってしまいます。
普通に使っていれば月1.000円から1.500円程度ですが、他の費用と合わせると結構な出費に感じてしまうでしょう。

 

最後にメンテナンス代。

 

年に一度のメンテナンスは無料。なんてところが多いですが、有料メンテナンスや定期検査費用が掛かるところも多いみたいです。

 

計算してみると、結構な出費になってしまうのではないでしょうか。

 

 

平均的な月の使用量はいくらくらいなのか

 

ウォーターサーバーのボトルの大きさは企業によって違います。

 

だいたい飲み水として使う場合、24リットルあれば1人〜4人暮らしであれば問題なく使用できるでしょう。

 

しかし料理等飲み水以外にも使いたい場合はもっと必要になります。

 

お店や会社の場合は本当に場所によって全然費用が異なりますが、自宅とは比較にならないほどの費用となるでしょう。

 

ボトル交換の回数も、月に2から4回程度で良い家庭と違い、毎日のように交換しなければならない場合も多いです。

 

家庭で使用する場合、安いウォーターサーバーだと月に2.500円程。
高いウォーターサーバーの場合は5.000円程のコストがかかります。

 

サーバーレンタル代金やメンテナンス料は一律なので、水を使えば使うほどさらに出費がかさんでしまうでしょう。

 

企業や店舗の場合は、水を使っただけどんどんコストも増えますし、もちろんボトル交換の手間もその都度かかります。

 

だからといって、社員や顧客が水を飲みたいときに水がないなんてことになったら企業のイメージダウンに繋がってしまうでしょう。

 

 

時代は定額制!ボトルなしのウォーターサーバーを使おう!

 

月に最低限しか水を使わない。

 

そんな人はボトル交換タイプのウォーターサーバーで問題ないかもしれません。

 

月にボトル交換のノルマがある場合もありますが、最低本数で足りているのなら最低金額での維持が出来るでしょう。

 

しかし、不特定多数が使う場合はどうしても水の節約もできませんし毎月のボトル交換費用だってどんどん増えていきます。

 

そこでおすすめなのが、定額制のウォーターサーバーです。

 

定額制ウォーターサーバーは、ボトルではなく水道の水をウォーターサーバーに取り込み使うことが出来ます。

 

その為ボトルを買う手間もありませんし、ウォーターサーバーから出る水は全て元は水道水なのでウォーターサーバーのボトルよりもずっと安い金額で使用することが可能。

 

月に50リットル使ったって、毎月の水の費用に換算したら100円にも満たない金額でしょう。

 

美味しい新鮮な水を飲むのなら浄水器が一番コスパが良いですが、店舗や会社で水道から直接水をくんで飲んでください。なんて言えませんよね?

 

ウォーターサーバーの形状から安全にろ過された水が出てくるので、好きなだけ美味しく新鮮な水を飲むことが出来るでしょう。

 

毎月のウォーターサーバーのボトル代が不安な人も、気軽にたくさん水を飲みたい人も、ボトル交換が嫌だという人にもおすすめなのがクール・クーなのです。

クール・クーの詳細は↓