健康と美容のために必要な水の量とは?

RO水のウォーターサーバー 月額¥4,200-

一人当たり一日に飲む水の量

健康のためには一日に二リットルの水を飲んだほうが良いと言われており、お茶やコーヒー、ジュースではなく水を飲むことで血液がサラサラになり、体内の老廃物が溜まりにくいためダイエットだけではなく脳梗塞などの血栓が原因の病気予防にも効果的なんです。

 

水を飲む

 

人間は特に運動をしていなくても汗や尿として自然に一日二リットル以上の水分を排出しているため、それ以上の水分補給が必要で出来るだけ利尿作用のない水を飲むことが体内の水分を保つために大切なことなのです。

 

 

しかし、この二リットルの水はすぐに飲めそうで意外と飲めないもので、意識して頻繁に飲むように心がけないと一リットルも飲んでいないかもしれません!

 

それでは普通の生活で一人が飲む水の量とはどれくらいなのでしょうか?実際に水分補給としての水の摂取量はコップ数杯の人がほとんどらしいのです。

 

自分の生活を考えてみると水を飲むのは薬やサプリメントを飲む位で、他はコーヒーやペットボトルのお茶やジュースがほとんどです。

 

それは水道水を美味しく飲むことが出来ないからで、もしわざわざペットボトルを買わなくても楽に飲めるのであれば、他の飲み物ではなく水を選ぶのではないかと思います。

 

 

一人当たり健康のために飲むべき水の量

 

健康維持のために水を摂取することがとても大切だと言われており、意識して水の摂取量を増やしている人も多いのではないでしょうか?

 

毎日何倍も緑茶やコーヒーを飲んでいるから水分は十分に足りていると思っている人が多いようですが、それらは利尿作用がありすぐに体外に排出されるため水分補給には不向きだと言われています。

 

ですから、何も混ぜていない新鮮な水を飲むことが大切なのです!

 

健康のためにどれくらいの水を飲むべきは人それぞれで、体の大きさや汗の量によっても違いますが最適でも二リットルは飲んだほうが良いと言われています。目安は体重を30で割った量で、体大1.5リットルから2.5リットルが一般的な人の体重に合った水の量なんです!

 

もちろん水の飲み過ぎも体には悪影響で、得にミネラルが豊富に含まれたミネラルウォーターは摂取量に気を付けなくてはなりません。

 

また、常帯水は体を冷やしてしまうので出来るだけ常温や白湯として飲んだほうが良いようです。

 

 

このように水は私たちの健康に欠かすことが出来ない大切なものです!

 

人間の体は60%が水分でできているので、新鮮でおいしい水を摂取することは健康な体を作るためにとても大切なことなのです。

 

 

水分摂取量を増やすためにはどうすればいいのか

 

健康のためには一日に二リットル以上の水を飲んだほうが良いと分かっていても、実際にそれだけの量を飲むのは普段あまり水を飲まない人にとって、かなりきついと感じるのではないでしょうか?二リットルなんて簡単に飲めると思いますよね?

 

しかし、お茶などの大きなペットボトルを一日で全部飲んだりしませんよね?

 

それだけの量の水を飲むのは、普段から意識して水を摂取している人でなければ難しいのかもしれません。

 

しかし、健康維持のためにそれだけの量の水を飲まなくてはならないのであれば、何か工夫が必要なのです。

 

毎日の飲み物を水に代えることも大切ですが、だからと言って大好きなお茶やコーヒーが飲めなくなるのは嫌なので、コップ十杯の水を一日で飲むことを心がけてみてはいかがでしょうか?

 

コップ一杯が大体200mlなので、それを十杯以上のめれば良いと言うわけです。

 

 

まず朝起きてすぐに一杯、出かける前、仕事や勉強をしながら、昼食前後、運動前後、入浴前後・・このように喉が渇いていなくても定期的に水を摂取する癖をつけることで、体が脱水症状になる前に水分補給ができ血液がサラサラで血栓予防や老廃物排除の効果が得られるんです。

 

二リットルなんて無理だと思ている人は、是非この方法を試してみてください!気づかないうちに二リットル以上の水を摂取しているはずですよ。

クール・クーの詳細は↓