ピュアウォーターとミネラルウォーターの違い

RO水のウォーターサーバー 月額¥4,200-

ミネラルウォーターとピュアウォーター

美容のためにミネラルウォーターを飲む女性が増えています。

 

ミネラルを補給することでストレスを緩和したりダイエット効果を実感できるみたいですね。

 

確かにミネラル簡単に補給できるのが、ミネラルウォーターです。

 

では、ミネラルウォーターと同じく体に良いといわれている水「ピュアウォーター」はどんな水かご存知ですか?

 

ミネラルを配合した天然水とは違い、ピュアウォーターはミネラルをはじめ様々な不純物を取り除いたピュアな水のことを言います。

 

純水とも呼ばれていて、浄化フィルターなどを通すことで人工的に不純物のない水を作ることが出来るのです。

 

一般的に販売されてはおらず、浄水器を使ったり純水を使用しているウォーターサーバーを設置することでピュアウォーターを飲むことが出来ます。

 

水道水も天然水も浄水はしています。

 

しかし、取り除けていない不純物も存在しているのです。

 

ピュアウォーターは、逆浸透膜方針というROシステムを採用し、不純物を99%取り除き、ミネラルまでも取り除き、本当に純粋な水を作り出しているのです。

 

ROシステムを採用しているのでRO水と呼ばれることもあります。

 

 

ピュアウォーターをおすすめしたい人

 

ピュアウォーターは不純物を一切含まずに作られた人工的な水です。

 

その為、赤ちゃんに特におすすめの水といって良いでしょう。

 

赤ちゃんにミネラルウォーターを上げてはいけない。といわれていますよね。

 

なぜなら、赤ちゃんは栄養を摂りすぎてもいけないので、ミネラルウォーターからミネラルを補給することも推奨されていません。

 

ミネラルを摂りすぎると乳児が下痢になってしまう可能性もあります。

 

その為、ミルクを作るにはミネラルが含まれていないピュアウォーターが最適なのです。

 

もちろん放射能やその他有害物質もすべて除去されています。

 

赤ちゃんだけではなく、内臓が弱い方、胃腸が弱い方、体が弱っている方にもおすすめでしょう。

 

 

ミネラルウォーターは美容には効果がない?!

 

ミネラルまで排除するならピュアウォーターは美容に効果がないのでは?と思う方も多いでしょう。

 

しかし、これは間違いです。

 

そもそもミネラルウォーターでミネラルを補給できる。という考え方が間違いなのです。

 

日本国内で一般的に販売されているミネラルウォーターはほとんどが軟水です。

 

軟水は柔らかく飲みやすく日本人に合っているといわれていますが、軟水程度のミネラル量では美容に影響を与えることもないでしょう。

 

水からミネラルを補いたいのであれば、硬水をおすすめします。

 

硬度300以上の水なら、十分ミネラルを補うことが出来るでしょう。

 

しかし硬水として販売されているコントレックス、サンペレグリノ、エビアン等はすべて、日本人が飲みすぎると副作用が生じる可能性が高い水です。

 

お腹が痛くなったり下痢になったり、日本人の体質に合わない水が多いでしょう。

 

一度飲んだ程度では大丈夫かもしれませんが、ミネラルの補給のために毎日たくさん飲むことはあまりおすすめ出来ません。

 

水のみでミネラルの補給は難しいかもしれませんが、水分をたくさん摂ることでむくみを防止したり肌に潤いをもたらすことが出来ます。

 

もし水分補給のために水を飲むのであれば、不純物の入っていないピュアウォーターが最適でしょう。

 

余計な成分が入っていないので、水分のみを無駄なく補給することが出来ます。

 

ミネラルをはじめ様々な成分が入っていると、水分を補給する妨げになってしまう可能性があります。

 

健康のためはもちろん美容のためにも、ピュアウォーターの方がおすすめです。

クール・クーの詳細は↓