震災の時に便利なウォーターサーバー

RO水のウォーターサーバー 月額¥4,200-

震災の時に便利なウォーターサーバー

震災

 

震災を経験したことがある人の話を聞くと、一番困るのが飲み水の確保だと言います!食べ物は一日ぐらい我慢できますが、飲み水がないと水分補給だけではなく持病の薬の服用もできず命の危険にさらされることになります。

 

多くの人が数日分の水を確保するようになったとは言え、震災の記憶が薄れると備蓄していた水の確認や補充などをつい忘れるようになるのが人間なのです・・しかし、忘れたころに災害はやってくると言い、たくさんの備蓄品が用意できなくても家族が数日過ごせるだけの飲み水の確保は最低限必要なのではないでしょうか?

 

そこで一般的な家庭の備蓄水としても役立つのがウォーターサーバーなのです!一般的なミネラルウォーターは1本1.5リットルから2リットルなので家族全員が数日過ごすためにはかなりの量が必要になりますが、ウォーターサーバーの場合は12リットルなので予備用を含めると十分な量の水を確保できるのです。

 

家族全員分のミネラルウォーターを買いに行き消費期限に合わせて定期的に買い直すのは意外と大変なことですよね?久しぶりに見たらもう半年も前に期限が切れていたなんてことも良くあります。

 

震災のときに慌てることがないようにウォーターサーバーの設置を検討してみてはいかがでしょうか?

 

震災時 水

 

震災の時のウォーターサーバー活用方法

 

震災時にウォーターサーバーがとても役立つと聞きますが、どのような活用法があるのでしょうか?もちろん家族全員分の飲み水を十分に備蓄しておけるのが一番助かり、断水時にはコンビニやスーパーでも水が不足し買えないため給水車が来てくれますが、その列に並ぶことな済むのは大変楽ですよね!家に十分な水があるというだけで精神的に救われるはずです。

 

また、自宅に被害がなくても水道、ガス、電気が止まってしまうことはよくあり、電気やガスが止まると非常用の食べ物があっても調理することが出来ないのです・・電気の復旧は意外と速くてもガスや水道が止まったままなんてことも多いようです。

 

そんな時でもウォーターサーバーさえあればすぐに新鮮な水が飲め、ガスがダメでも電気が止まっていなければお湯が使えるためカップラーメンや非常用の食品が食べられます。

 

もちろん電気が止まってしまうとウォーターサーバーは水を冷やしたり温めることが出来なくなりますが、常温の水はコックをひねることで水道のように使えるので非常事態には大変頼りになる存在です!ペットボトルの水と違い契約した会社が常に新しい水を配達してくれるので消費期限を心配せずに済み、災害時に必要な飲み水を十分に確保できるのもありがたいですね。

クール・クーの詳細は↓